ちゃちゃ丸がいろいろ試してみる

リーマン男子が前向きに楽しく生活する事を目的としたライフハック系ブログ。

SIGMA DP2 Merrillで撮った写真を載せてみる!

      2016/01/11

13

こんにちは

価格.comでかなり評判の良いシグマDP2メリルを購入しました!

スポンサードリンク

使い心地はどう?

撮影した写真のサンプルを載せてみます。(ブログには高画質を載せられないので、低画素に編集しています・・・)

※高画質の画像を見たければストックフォトサイトのピクスタに私の撮影・現像した写真が見れますので、良かったらご覧下さい。↓

ピクスタの私のプロフィールです】

総画素数が4800万画素というかなりハイスペックのこのカメラ、風景などを撮るとかなりトリミングしてもわかりません。(今回の載せたものには風景はありません、スミマセン)

しかし、単焦点でありハッとする写真を出してくれます!大きさ等の情報は割愛しますが、一般的な一眼レフより小さく、コンパクトデジタルより大きく、っといったところです。私としては、こんな小さいカメラから中判カメラで撮影したような迫力のある絵が出来るなんて!と、かんどうしております。

まぁ、買って良かったですかね。操作性も分かり易いですし、ホールドもし難くはありません。欠点は各レビューサイト・ブログなどで皆さんが書かれている通り、赤色が混じる問題と、あとはISO200くらいまでが実用範囲という点、左記によって暗いとなかなか撮りずらい、といった所でしょうか・・・。

_P2M0179

空と樹木:SPPにて現像

_P2M0178

表参道:ヒロミックス風

_P2M0144

窓辺から:特になし

弱点

箇条書きにします。

・電池がすぐ無くなる(→まあ予備があるので問題無し)

・暗所でのピントが弱い(→AF精度は確かですが、今時のキャノン・Nikonなんかに比べると、「弱い」し「非常に遅い」です)

・グリップは良くはない(→そのままだと持ちにくい。同じ系列のGRなんかと比べると雲泥の差。しかし、専用のグリップを販売しているサイトがあるので欲しければ探してみて下さい)

・ROWで撮影すると現像出来るソフトが公式のSPPしか無い。(つまり、そのままだとライトルーム他では読み取れません、非常に不便。ライトルーム等で編集したい際はSPPにてTIFF変換→ライトルームなどで編集、のやり方が今のところスタンダードでしょう。SPPは慣れれば底まで使いにくくはないと思います、しかし、ライトルームなどと比べると雲泥の差です)

まとめ

割と小さいサイズのカメラですので、持ち運びは苦痛にはなりません。最近では次世代の(quattro)クワトロなんかも出て、楽しみなカメラです。ちなみにSIGMA DP0 quattroは超広角であるに関わらず、画像の歪みが非常に少ない超優秀カメラです。欲しい!!!

 

 - カメラ・写真, ストックフォト, 買い物レビュー